「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新にとっての団体戦とは何だったのか?

注: 長いです。眼精疲労にお気をつけて...(*´-`)

しつこく言いますが、新ファンで既存の物語との整合性を重視したい派の私は、どくのぬまちのような鬱展開でHPが削られまくった後に投下されたあの三位決定戦を「今でも」「往生際悪く」「大層根に持って」います。
(だからしつこいってばwww)

しかし、173首(33巻)で正規ルートに向かって強制ワープがかかった感があるので、新にとっての団体戦の意義などを総括してみました。特に千早と新の初の公式試合となった三位決定戦については、瑞沢、チームちはやふる、ジェダイ太一の帰還、千早の超サイヤ人化、新の気持ちなどあまりに要素が入り混じって複雑なので、本記事では新サイドに焦点を絞って考えてみました。団体戦そのものの是非については触れないスタンスです。一部ネタバレを含みます。


●新サイドから三位決定戦を振り返る

いきなり個人的邪推をぶっちゃけてしまいますが、私は高3の全国大会の勝敗は、千早、新、詩暢ちゃんのそれぞれが誰かに敗北するという結論ありきで定められたものではなかったかと思っています。(新は千早に、千早は詩暢ちゃんに、詩暢ちゃんは新に負ける三つ巴。)

確か猪熊さん(桜沢先生だったか?)のセリフに「人は負けなければそのままよ 強くはなれない」というのがあったと思いますが、この「人は負けて成長し、強くなる」という思想が「ちはやふる」の世界の神様のルールブックに存在すると仮定してみると、この3人が敗北によって得たものが見えてくるような気がします。

千早 → 世界一になりたいという目標の再確認
詩暢ちゃん → 自身を変えていくことへの決意
新 → 恋愛面とかるた面での変化(獅子の目覚め)


まずは、新の視点から三位決定戦の流れを順に追っていきます。

①瑞沢のキャプテンとしてのみかるたを取る千早に驚く
②千早のかるたを分析し「いつもどおり」いこうとする
③「余計なことを考えん奴が強いんや」という始じいちゃんの言葉を思い出す
④千早を見て「音と札だけの世界 すさまじい集中」と思う  (←多分余計なことを考えている)
⑤「千早 おれやよ」
⑥ガリガリの「せ」狙いで「せ」を取る
⑦千早の目線が少し上向きになる
⑧「ずっと取り返したかった 目の前にいるのはおれやよ」  (←多分すごく余計なことを考えている)
⑨「ちは」が読まれ、千早が太一に気づく
⑩千早が正気に(?)戻る
⑪新が千早に敗北する


ここで言う「余計なこと」とは、試合中にも関わらず、対戦相手の千早に「千早」らしくあってほしいと願う新の想いでしょうか。
一連の描写が千早と太一はチームちはやふるへの回帰を思わせるのに対し、新だけは「せ」の札にそれとは別の想いを託しているように見えます。

新は⑤の「おれやよ」の前に「す」を千早に送っていますが、戦略的には普段の新らしからぬ送り札であり、その次の出札の「せ」を取るためのものだったことが村尾さん視点で描写されています。
そして「す」と「せ」の歌の意味とは...

「住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ」

【意味】
住之江の岸に何度も打ち寄せる波のようにいつもあなたに会いたいと思っているのに、なぜ夢の中でさえあなたは人目を避けようとするのか。
(※人目を避けるのは「私」という解釈もあるが、どちらにせよ恋しい人に会えない切なさを表現した歌)


「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」

【意味】
川の流れが岩に邪魔をされて二つに分かれてしまっても一つに合流するように、私たちもまた必ず逢おう。



・・・これはまさしくラブ案件。新君ったらシレッとした顔して「す」を送りつつも、千早に向かってめちゃめちゃ矢印を飛ばしています。
(矢印を量的に表すなら、(新)ビー⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ム(千早)ぐらいでしょうかwww)


でも、いつもなら楽しそうにかるたをしていたはずの千早は、ただただ瑞沢チームを背負って音と札だけの世界にいる。目の前の自分を見ようとすらしない。この時の新の胸を支配するのはどうしようもない寂寥感、でしょうか。

私などはこの辺りの新の心情を想像すると割とガチで泣けてくるのですが(太一を壁ドンしたくなる気持ちもまぁ分かるかも...)、実際問題として新は千早に気を取られて藤岡東チームの様子を気にかけることもなかったわけで、結果として藤岡東の主将は瑞沢の主将に完敗した。

つまるところ、藤岡東は瑞沢と比べて、経験も費やした時間も仲間との絆も責任感も(ついでに作中での描写も)圧倒的に足りなかった。32巻で管野先生に「団体戦を磨いてきた他の高校に失礼や」とバッサリ切られていますが、いくら新でも周回遅れのチーム作りでは「間に合わなかった」のでしょう。
(なお、個人的には新が個人戦に出ないと言ったのは、試合中にチームを顧みることのなかった反省からのチームメイトに対する贖罪の気持ちだったのではないかと思っています。)

表彰式の後、新は一人ソファで「身体のはしから焼かれていくような 息もできないような」感情に手を震わせます。
(新の様子を見た太一が隣に座ってモノローグで「わかるよ」と言っていますが、これには経験者ならではの兄弟愛(?)的な優しい目線を個人的には感じます。だってホラ、千早の視界に入りたくても入れなかった日々や、千早に勝ちたいと思って頑張った日々を太一に語らせたらそりゃあもう色々・・・ねぇ?)

この時、新の中では様々な感情が渦巻いていたでしょうが、一つ言えそうなのは、チームを背負った千早は「いつもどおり」のあの部屋のイメージでは勝てない相手だったということでしょうか。新は藤岡東でチームを作ってみたものの、もしかしたら「おれにとってチームは唯一 太一と千早やったんや」(16巻)の認識から完全に脱却できていなかったのかもしれません。

そこから「いま以上の強さを身につける」(171首)ため、あの部屋のイメージを手放すことを決意します。

好きな子にかるたで負けて これまでの自分でいいなんて思えんのや

それが三位決定戦に敗北した新が導き出した答えです。


●新にとっての団体戦とは

新がチームを作った理由については、管野先生によって新一人では越えられない壁(周防名人)を超えるためであろうことが示唆されています。これについては過去の描写との繋がりが不明瞭な部分もあるのですが(富士崎との練習試合関連とか)、団体戦の経験は今後周防名人と対峙する際に生きてくるようですから、そちらを楽しみに待とうと思います。

では団体戦の結果、新は何を得たのか。
まだ曖昧ではありますが、一言で表すと「他者の存在を感じ、それを自分の力に変えるかるた」でしょうか。これまで始じいちゃんの「最高のかるたのイメージ」という自己完結型だったのが、団体戦を経験したことによって、外に向かって開かれた、新自身が模索して得たかるたのカタチがようやく見えてきたというか。新の中のイメージの引き出しが増えたとも言えるでしょうか(変数を持つ外部からのパワー供給型のイメージ)。

賛否両論はあろうかと思いますが、私は新のカルターとしての本質は、17巻の「詩暢ちゃん 崩していくで」に集約されると思っています。新のかるたは、対戦相手を分析して長所を崩していくイヤなイヤ~なかるたであると描写されていますが、恐らく新というカルターは、クリーンなかるたという自己ルールの範囲内であれば、目的のためなら最良と信じる手段の選択に躊躇がないタイプの戦略家であり、幼いころからずっと名人という高みを目指して勝負の世界にいた厳しさを持ち、しかもそれを楽しんでいる。

171首で詩暢ちゃんが「新とうちに差があるとすれば 流れを呼び込む力」と言っていましたが、新にとっては団体戦のイメージもここ一番のかけ声も流れを呼び込むための手段なのだろうと想像します。捨て札を作っても勝負どころで勝負に出て、きっちり取って相手に気持ちよくかるたを取らせない。新の真骨頂は、こうした対戦相手を見て、状況に応じて打つ手を変えていく柔軟性なのではないかと思います。
(例えば、詩暢ちゃんは昨年とは異なるアプローチ(全方位)で試合に臨みましたが、新に札を読まれていましたね(172首)。ここでは新が「うら」ではなく「相模」と言っていて、さすが詩暢ちゃんの事よく見てるなぁと思いました。)

173首では村尾さんが個人戦で優勝した新を見て、「もう一段強くなろうとしたんや 自分以外の力を借りる不安定で貪欲なかるた」と評しています。じいちゃんの教えによりかるたが一番楽しかったあの部屋のイメージ(固有結界?)によって具現化されたのがニコニコ眼鏡「ちはやぶる」ですが、自分の外にもエンジンを置く今回のかるたはその対極にありそうな感じですね。「ちはやぶる」の対となる力といえば「荒ぶる」(11巻)ですが、もしかしたら団体戦のイメージによってイケイケ(?)眼鏡「荒ぶる」が具現化されたのでしょうか(空想具現化?)

(奏ちゃん解説では、「荒ぶる」は悪い神の力でバランスの悪いぐらぐらと不安定な回転の独楽のようなものとのことですが、例えば日本神話でもスサノオが乱暴者になったり英雄になったりするので、「悪い力」と言い切ってしまうと一義的すぎるかなとも思います。)

上記解釈が正しいか分かりませんが(むしろトンデモ説の可能性あり...(^^;))、もし「ちはやぶる」と「荒ぶる」の両方の力を手に入れたのだとすると、綿谷新(17)の全能感が半端ないことになりますね。ともあれ、新は「あの部屋ではもう取らん」と言っているので、少なくともじいちゃんのかるたからは脱却し、「おれがおれのまま勝つには」(23巻)という問いに対して自分なりの解を得たのでしょう。そして、それがかるた面での獅子の目覚めに相当するものと現段階では理解しています。


●あらちは万歳

小学生以来のエア純愛(失礼)をずっと心の支えとしてきた感のある新ですが、三位決定戦で一度戦ったことにより千早との距離が近くなったというか、現在の等身大の姿を見つめるようになったように感じます。
(同じコマに千早と新の2ショットが普通に描かれるようになっただけでも、何だかもう泣きそうですわw)

26巻では太一と戦った高松宮杯を振り返って「ちはが出たらどうなってたかな」な~んて言っていた新ですが、173首で千早を見て「手に入れたいものほど手放すの」を回想している時には何かを決意したような男の子の顔になった印象を受けました。

173首は長きに渡るあらちは飢餓のところに突然ぶっこまれた少女マンガ的萌え度の高い回でもありました。新くんは千早の「日本一・・・世界一になりたい」というかるたバカ全開の決意表明に、やっぱり惚れ直しちゃいましたかねぇ~(*´艸`)。何だかんだ言ってあらちはに夢を抱いている一読者としては、放置プレイ → 焦らしプレイへの変化に喜んでいいのやらという気も若干しますが(亀の歩み・・・)、かるたバカ同士それで通じ合っているようですから、この2人的にはノープロブレムなのでしょうね。
(でもこのシーン、千早らしい千早がようやく見られて本当に嬉しかったです。これで「ちは」も戻ってきたかな?)


かるたをしてれば おれらの道はいつか重なる 
「いま」じゃなくていいから もっと近づいたら おれのことどう思ってんのか聞かせて 近くに行くから



・・・どう見ても千早を口説いているようにしか見えない新くんですが、どこまでいっても彼らしい相手を尊重した押し方がいいですね。かるたの道の延長線上にお互いがいて、男の子としても千早に近づきたい心意気が滲み出ています。(しかも「近くに行くから」とダメ押し付きですよ奥さん(*´皿`*))

非常にゆっくりとではありましたが、17巻の千早から遅れること16巻分で、新の恋愛面はようやく「ちはやぶる」に到達したのだろうと思います。


【結論(?)】
福井県あわら市には神の子が住んでいる。


関連記事
スポンサーサイト

秋のちはやふる week in あわら参戦レポート

新くんの故郷、福井県あわら市に行って参りましたー!
Twitterで交流させていただいている方々のご厚意により、夢の聖地巡礼に連れて行っていただいたり、ソースかつ丼を食べたり、イベントに参加したりと、大変充実した幸せな時間を過ごさせていただきました。

私は今回が人生初の福井訪問でしたが、あわらは人は優しいしご飯は美味しいし温泉はあるし新くんの故郷だしちはやweekはあるしで、本当に最高でした\(^o^)/

あわら訪問記は、すでに多くの方々がブログやTwitterなどに上げておられるので一体何番煎じなの!? という感じですが、お世話になった方々への感謝の気持ちも込めて、当ブログでも巡礼初心者の目線でお伝えできればと思います。



●JR芦原温泉駅

やって来ました、芦原温泉!
ホームに降り立つと、まずは大きな看板がお出迎えしてくれます。ここでテンションがぐぐいっ↑↑↑と上がります。ついでに写真もでかくて自己主張激しいですw

1_JR芦原温泉駅_1



駅前には見慣れた風景が。ちはやweek期間中は新のバイト先、勝義書店も開設されています。この勝義書店の看板は、映画の美術さんがイメージを崩さないようにフォントや配色などに苦労されたとか。確かに今にも新君がニャンコと一緒に出てきそうな佇まいです。

2_JR芦原温泉駅_2



●a-cube(あわら市の観光案内ほか)

キャラクター5人のパネルが置いてあります。
毎日パネルの配置が違うようで、この日は太一と周防さんのカップリングw
別の日には、たいあらが手を繋いでいるように見えたり、千早が新の着物の裾を引っ張っているように見えたりする配置になっていたそうです。(ま、燃料には事欠かない感じですネ www)

3_a-cube_1.jpg



a-cubeの中に入るとスノー丸がお目見え。触ると意外とモフモフしています。7月にはイベントのため台湾(!)にも出張したという働き者です。

4_a-cube_2.jpg



スノー丸の横には関連グッズが販売されています。
チームちはやふるTシャツは、元々ボランティアの方のスタッフ用だったのが、好評のため商品化されたそうです。今年のスタッフTシャツも「大盛」とか「きみはA級の人?」とかピンポイントで突いてくる素晴らしい出来栄えですので、来年あたりには販売されているかもしれませんね。

5_a-cube_3.jpg

さらにa-cubeにはファンの方より寄贈された「新くんノート」が置かれていますので、思いの丈を存分に語りたい方は是非こちらへ(笑)。



●スノー丸どら焼き

スノー丸どら焼きを販売されている甘党本陣嵯峨さんの店内。末次先生の図案と焼きゴテなどが展示されています。(さりげなく太一が千早を見つめているココロニクイ感じのディスプレイ)

お店の名刺には百人一首が書かれていて、歌が一枚一枚違うという凝りようです。
あわらでしか食べられないという生どら焼きのチーズ味をいただきましたが、素晴らしく美味しかったです。

6_スノー丸どらやき



●原作2巻&アニメの土手ドン

あらたいちはやがすれ違った桜並木と土手。
写真だと分かりづらいのですが、歩いて降りるのも憚られるほど、ものすごく急な傾斜です。
まさに命懸け・・・。千早も新も無傷で本当に良かったね・・・(;^_^A。

7_原作土手ドン_1

8_原作土手ドン_2



●映画土手ドン

映画の桜並木と土手。
こちらは高低差があまりないので、より安全な土手ドンが可能です。

9_映画土手ドン_1

10_映画土手ドン_2


こちらの桜並木では、もう9月下旬だというのに蝉がまだ鳴いていました。
案内してくださった方に福井の桜の開花時期についてお伺いしたところ、原作&アニメにある「4月末に桜が満開」というのはさすがに遅いそうです。千早と新が満開の桜の下で再会を果たしたのは、まさにあわらの奇跡と申せましょう( ˘ω˘ )。



●浦安橋

アニメで千早と太一の乗った特急しらさぎを新が自転車で追いかけるシーンに出てくる橋です。

11_浦安橋_1

12_浦安橋_2

このシーン、何度見ても良いですねぇ・・・って、うっかり原作読み直しルートに嵌るところでした。やっちまったら徹夜コース必至です。危ない危ないw



●映画かささぎタイム(電話)

映画で新が千早からの留守電を聞いた川沿いの場所です。

13_映画電話

新役の真剣佑さんが座っていたのは、右から2番目の石だそうです。
このスポットは商店が立ち並ぶ通りの裏手にあって人通りが少ないので、心おきなくお触りし放題な感じです。(← )



●あわら市文化会館

収容人数が800人ほどのイベント会場です。舞台と客席が近いのでアットホームな雰囲気があります。市街地からは少し距離がありますが、イベント時にはあわら湯のまち駅からシャトルバスが運行されていました。

14_あわら市文化会館

私は25日のファンデイと声優トークショーに参加しました。
ファンデイはアニメと映画のコラボという非常に珍しいスタイルのイベントで、小泉監督初め制作陣による内輪話や瀬戸麻沙美さん(千早役)とKoheiさんによるアニメOPとEDの歌の披露などがありました。残念ながら新役の細谷さんはいらっしゃらなかったのですが、チビ新役の寺崎さんが出演されていました。

どちらのイベントもめちゃめちゃ楽しかったです!
宮野さん初め出演者の皆さんは本当にプロですね。あまりにも笑い転げすぎて腹筋は痛いわ涙は出るわで、完全に化け猫の皮(お化粧)が剥がれ落ちてしまいましたw

(ちなみに管理人の個人的なハイライトは、トークショーでのチビ新×高校生太一の中の人対決です。時空を超えた夢の対決は、まさにダイアモンドの輝き・・・。)



●えちぜん鉄道あわら湯のまち駅周辺

JR芦原温泉駅からは少し離れています。
温泉旅館はこちらの地域に集中しており、近隣には芦湯(無料の足湯施設)、屋台村の湯けむり横丁、かるたの福井大会が開催される清風荘さんなどがあります。
トークショーの帰りには芦湯を利用させていただきました。かなり熱めのお湯(この時は43度)でしばらく入っていると汗が噴き出してきます。

15_清風荘

芦湯ですっきりした後はお隣の湯けむり横丁へ。健全なガード下といった風情で、夕食時間帯でしたがファミリー層、カップル、女性客も多かったです。お店の大将やちょっと一杯引っかけにやって来た地元のおっちゃん達も、皆さん気さくにお話してくださいました(by福井弁)。



●注意喚起

JR芦原温泉駅のホームにはちょっと怖い人がいます。
別に悪さをするわけではないので、顔が怖いだけで実はいい人なのかもしれません。
でも、私のようにうっかり暗がりの中で近づいてビックリされる方がいるといけないので、ご紹介だけしておきますね。

この人です!











16_恐竜博士

恐竜王国福井には恐竜の博士がおられる・・・∑(゜ロ゜)



【おわりに】

今回ちはやふるweekに参加させていただき、「ちはやふる」という作品が持つパワーは、従来のメディアミックスの枠を超えて、町おこしや競技かるたの普及など様々な分野に広がりを見せているのだなぁと改めて感じました。また、自分が今まで知らなかっただけで、作品の舞台を訪れたり、様々な方と交流させていただいたり、イベントに参加したり、攻略感半端ないシール集めをしたり、地元グルメに舌鼓を打ったり、温泉を楽しんだり、お土産を買ったりと、本当に多様な作品の楽しみ方がそこにはありました。

そうした場と幸せな時間を提供してくださったあわら市および関係者の方々に、心からの敬意と感謝を申し上げたいと思います。
そして願わくば、来年以降もちはやふるweekを続けていただけますように・・・。
(来年こそは是非細谷さんのご登壇を心よりお待ちしております!)


最後になってしまいましたが、当ブログを訪問してくださる読者の皆様へ。
いつもお越しいただきどうもありがとうございます。やる気があるんだかないんだかよく分からない適当ブログではありますが、更新のない時期にも一定数のアクセス数があったり、過去記事に遡って拍手をしてくださる方もいらっしゃり、本当に有難いことです。大変励みになります。これからも不定期ながらもボチボチやっていきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


【おまけ(超駄)】 注: 真面目に読んだらあかんやつです(*´-`)。

で、提案なんですけど、あわらの誇る有名人綿谷新くんがいい感じで温泉に入っているところをポスターとかパネルとかレアアイテムにするのはどうっすかね~? (あ、湯上りの夕涼み姿でも可。条例とかに引っかからないよねw?)
松岡茉優ちゃん(詩暢役)の「行くぜ、東北。」ならぬ「行くぜ、あわら。」みたいな感じで。需要はきっとある・・・かもしれないと思うんですが。

いや、まぁ単に私が見たいだけなんですけどね~(^p^)

ちはやふる33巻170首プチ感想

雑感(=雑な感想)です。一部ネタバレを含みます。


●雑感

①読者サービス万歳

うぉっー! 新ファン待望のサービスカット!! ありがとうございます!!!
「大丈夫だった?」と聞かれて、わざわざ眼鏡をオフしてから優しく微笑むとか、やっぱりこのヒト天然タラシ・・・www

あと、詩暢ちゃんに「チームになんの意味があるんや」と問われて、必殺質問返しな新君もいいですね!
・・・えっと、そこは答えたくないのね? でもできれば早めに教えてくれると嬉しいなぁ。


②B、C、D級個人戦決勝

各階級の決勝カードが出揃いましたね!

B級決勝は2組による戦いで、一方は机君vsヒョロ君。どちらも勝たせてあげたいけれど、勝者は一人だけ。北央かるた会のA級への昇格基準が分かりませんが、ヒョロ君は以前B級準優勝を果たしており、かつ、今回準優勝以上が確定しているということで、もしかしてすでに昇格基準を満たしているのでしょうか?

机君は一人で何やらラブ方面に盛り上がっている様子。そして、奏ちゃんへの告白を煽った肉まん君はそれを分かっている感じですね(机君を見て何か思うところのありそうな肉まん君のコマが挿入されています)。肉まん君が奏ちゃんにどの程度本気だったかは不明ですが、机君の背中を押してあげる肉まん君はやはり男前です。
机君の試合結果がどうであれ、「そんなに叩いたら机君が痛いです・・・」以来の奏ちゃんの神対応を激しく希望ですw

B級決勝のもう一組では、松林弟の滉くんがまだ頑張っています。
理沙ちゃんのD級4位入賞と合わせて、藤岡東にも下の子たちに残るものがあると嬉しいなと思います。

C、D級の奏ちゃんと菫ちゃんは本当に変わりましたね。
そっかー、着物もマスカラも戦闘服なのかー。
かつてはやや自分の理想を押し通そうとしがちなところもあった奏ちゃんですが、他者を尊重することを学んだ彼女は今や本作最強かもしれません。ボインだし。)
戦う大和撫子。素敵です。


③情熱の源泉

重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、今回個人的に非常に気になったのは、「ちは」札(=千早)が情熱の源泉とされたことです。

瑞沢かるた部が千早の勧誘ポスターから始まったことは間違いありませんが、それは新からもらったものが広がっていった結果であって、情熱の「源泉」は新であったはず。

私は「ちは」札は千早が新から「受け取った」情熱であり、千早を起点として「広がっていく」情熱の象徴のようなものとして理解していたのですが、物語の再構築が行われた結果、もしかしてこの辺りも改変されたのでしょうか。

すべてはあの1枚から始まったという「起点」と、湧き出る情熱の源である「源泉」。この二つは似て非なるものです。
私が勝手に言葉尻をとらえて捏ね繰り回しているだけなら良いのですが。

【追記】
それとも、もしかして情熱の源泉が移ったというところに意味があるのかも?


④「あの部屋」との別れ

いつもどおりや いつもどおりのあの部屋にいる でも さよならが近いだけや

すっかり取り払われたカーテンや箪笥や段ボール、そして開け放たれたドア。
新の他には誰もいない、あとは新が出ていくだけとなった「あの部屋」。
背景に散りばめられているのは桜でも紅葉でもなく、水が凍ったかのような角ばった何か。そして、不安そうな千早の表情・・・。

う~ん、新の中ではすでに何らかの結論が出ているように見受けられますが、それは一体何なのか。読者としても期待と不安が交錯する情景ですねえ。

新の心の拠り所でもあり、千早との楽しいかるたの象徴でもあったあの部屋との別れは本当に本当に寂しいですが、それでも待ちに待った新のかるたの掘り下げがようやく始まってくれて大変嬉しいです。

名人になるために、じいちゃんのかるたから脱却して新自身のかるたを模索するという超重要課題が積み残しのままですし(23巻は3年前・・・)、今後カルターとして次なるステージに向かってくれるものと期待しています。


【おまけ】
もしかして33巻は新の単独表紙かな!?
そうだったら嬉しいな~。いや、きっとそうに違いない!(((o(*゚▽゚*)o)))


関連記事

ちはやふる33巻169首プチ感想

今回はばらばらとした雑感です。現時点では不確定要素が多いので、若干モヤモヤ感が滲み出ています。一部ネタバレを含みます。


●雑感

①肉まん君

今回は肉まん君の回だった!
小学生の頃からずっと新に負け続けている肉まん君ですが、新の存在は、千早や太一のみならず、肉まん君にとってもある意味「原点」だったのでしょうね。

ダメなんだよなあ・・・目の前にしたときだけあいつに勝ちたいなんて

肉まん君は今回もまた負けてしまったけれど、その原因を、相手が強かったからではなく、自分自身がどのような毎日を過ごしてきたかに求めるところに彼の男気を感じます。うむ、やはり彼はメンタルイケメンですな!

千早の言う通り、肉まん君は間違いなく瑞沢が強豪校になるための礎を築いた人で、その功績は未来へと繋がっていくのだろうと思います。でも願わくば、今回のエピソードが肉まん君の部活生活最後の花道を飾るために用意された、というところで終わらず、今後彼が個人として新に向かっていくための第一歩になってくれればいいなと思います。
(あれ、それだと太一のアイデンティティに関わるキャラかぶり問題が発生・・・??)


②でも負けたろ? "いつもどおり"じゃない 綾瀬に負けたろ?

上記は新と試合中の肉まん君のモノローグですが、「"いつもどおり"じゃない」のは、千早か新のどちらを指しているのでしょうか。

私は初読時には、"いつもどおり"であれば本来勝つはずの新が実際には負けたということから、"いつもどおり"ではなかったのは新だと理解しました。
(肉まん君が心の中で「いつもどおりリラックスしまくりの綿谷」 → 「いつもどおり...」(なのか?) → (綿谷は)「"いつもどおり"じゃない」と否定する流れなのかと思った。)

その一方で、この部分は「"いつもどおり"じゃない綾瀬」とも解釈できます。千早は、太一が現れるまで新と戦っているという自覚がなく、瑞沢メンバーのことしか見えていなかったようですので、もしかしたらここは千早を指すのが正しいのかもしれませんね。

まぁどちらにせよ、実際問題二人とも変だったということでよろしいんじゃないかとも思いますが。


③新

新君は徹頭徹尾、心情を漏らしてはくれないですねぇ。相変わらずの鉄壁のディフェンス力です。(個人的にはそんなところも美味しいのですがw)

でも、ヨロシコ戦で千早と詩暢ちゃんの試合が終わったのを気にするかのような素振りを見せたり(何この美人...)、肉まん戦で眼鏡が吹っ飛んだ時に「ん 大丈夫」と言った時の表情が何となく意味深な感じだったり(頬に斜線が!)。

眼鏡吹っ飛び事件の後、村尾さんが「よし!いつもどおりの新や」と言っていますが、肉まん君のファインプレーを切欠に新は元に戻ったと考えてよいのでしょうか? 村尾さん目線は信憑性が高そうですし。

取りあえず、現在の新の状況は「ちはやぶる」ではないらしいというぐらいしか分からないのですが、詩暢ちゃんと対戦する個人決勝戦では「獅子は目覚める」とのことですし(32巻にある予告より)、そこで明らかになる部分もあるのかなと期待しています!


④千早の即寝

「新と肉まんくん!! 見なきゃ 見なきゃ  新と・・・肉・・・」って「肉」で止めないであげて~www

あと、個人的には千早の即寝が残念すぎて最近ちょっと笑えない感が出てきました・・・。千早らしさを取り戻したのは何よりとは思うのですが、作中の時間でクイーン戦まであと半年ですし、大相撲でいうところの横綱の品格みたいな部分の成長も気になります。

詩暢ちゃんとの関係も「次はクイーン戦で」と仕切り直されたことですし、憧れのクイーン位に向かって色々頑張れー!


⑤母の懇願で襷を外した詩暢ちゃん

毎回札を並べなおすのは面倒だろうに、詩暢ちゃんいい子過ぎる・・・(;_;)。

以前155首の記事で書いたのですが、私は詩暢ちゃんのお母さんは歪みのようなものを内包しているキャラだと思っているので、真剣勝負の場でなお娘を自分の意に沿わせようと干渉してくるお母さんは若干ホラーかもです・・・。


⑥村尾さんと伊勢先生のモノローグ

我ながらこのリアクションの差よ・・・。村尾さん贔屓ですから、自分www

 村尾さん「(千早が)新に勝ったのもまぐれじゃない」 → フムフム、村尾さん、千早の強さに驚いてたもんな~(*´-`)
 伊勢先生「トップを走る若宮、綿谷との差が縮まっている」 → イラッ(# ゚Д゚)

私個人の感覚としては、「"いつもどおり"じゃない」問題が曖昧なままなので、伊勢先生の「差が縮まっている」という評価の根拠がまだ不足しているように感じます。一方で強さのレッテルだけが貼られたかのようにも思えるので、ちょいとばかり反発したくなるのかな~。

こちらも今後何らかの形で補完されれば嬉しいなと思います。


関連記事

ちはやふる32巻166首プチ感想

今回はプチ感想。一部ネタバレを含みます。


●雑感

良かった、藤岡東の管野先生はちゃんと「先生」だった!
団体戦は後悔ばかりと悔いる新に対し、新の目指すべき道は「名人」であると明確に示してくれました。団体戦はもう終わってしまったけれど、これから実行可能な方法で新がチーム藤岡東に貢献できる術があると。

は~、さすがは大学選手権で優勝経験のあるA級選手です(18巻参照)。
(うっかり設定を忘れかけていましたがwww)

アホが。おまえの応援とか 配車アプリより役に立たんわ!

うむ、至言である。ぜひ名言botとかにも入れていただきたいです。


さて、今回の新と管野先生の会話を踏まえると、三位決定戦の千早vs新の試合は、キャプテンシーの差が勝敗を分けたというのがファイナルアンサーでいいんでしょうか。あの千早の強さは何だったのか、新のチーム作りとは何だったのか、さらに千早の闇落ちの意味とは・・・などなど、個人戦突入の段階に至ってもよく分からない部分が多すぎて、消化不良な感じが残るなぁというのが正直なところです。

でも、新は太一が残した「次は試合で」を思い浮かべて、団体戦でのホロ苦さをそのまま抱えて個人として戦うことに軸足を移したようですね。一方、千早は見失っていた(?)かるたの道が目の前に見えるようになったようですが・・・、う~ん、やっぱり私にはイマイチ話の繋がりがよく分かりませぬ(苦笑)。記憶喪失とか言ってないで、もう少し千早の目線での掘り下げが欲しいところです。

(ダ・ビンチの作者インタビューで言うところの、「三人が並走」できるように筋を変更した影響なんでしょうかね・・・。ボソッ)

これらが今後どこかで補足されるのを期待しつつも、今はただこのモヤモヤ感を脇に置いて、千早、新、詩暢ちゃんの三つ巴となった個人戦を楽しみたいと思います。
新君がホロ苦さを丸っと抱えて頑張るというのなら私も頑張るし(← )、何といっても新が千早に敗れたと聞いて妖気を発する詩暢ちゃんから目が離せない!

詩暢ちゃんの妖気の根源は、恐らくはこのあたり↓でしょうか。

・新に対するある種の信頼感/連帯感
・新に勝利するのは自分だとの強烈な自負
・改めて千早をライバルだと認めた

・・・誰が勝つのか全く予想もつかない、もうカオスな状態です。
さぁ混戦を制するのは誰だ?


【おまけ】
びらぶ次号の予告に「読後爽快!!!」って書いてあるお。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。