「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のちはやふる week in あわら参戦レポート

新くんの故郷、福井県あわら市に行って参りましたー!
Twitterで交流させていただいている方々のご厚意により、夢の聖地巡礼に連れて行っていただいたり、ソースかつ丼を食べたり、イベントに参加したりと、大変充実した幸せな時間を過ごさせていただきました。

私は今回が人生初の福井訪問でしたが、あわらは人は優しいしご飯は美味しいし温泉はあるし新くんの故郷だしちはやweekはあるしで、本当に最高でした\(^o^)/

あわら訪問記は、すでに多くの方々がブログやTwitterなどに上げておられるので一体何番煎じなの!? という感じですが、お世話になった方々への感謝の気持ちも込めて、当ブログでも巡礼初心者の目線でお伝えできればと思います。



●JR芦原温泉駅

やって来ました、芦原温泉!
ホームに降り立つと、まずは大きな看板がお出迎えしてくれます。ここでテンションがぐぐいっ↑↑↑と上がります。ついでに写真もでかくて自己主張激しいですw

1_JR芦原温泉駅_1



駅前には見慣れた風景が。ちはやweek期間中は新のバイト先、勝義書店も開設されています。この勝義書店の看板は、映画の美術さんがイメージを崩さないようにフォントや配色などに苦労されたとか。確かに今にも新君がニャンコと一緒に出てきそうな佇まいです。

2_JR芦原温泉駅_2



●a-cube(あわら市の観光案内ほか)

キャラクター5人のパネルが置いてあります。
毎日パネルの配置が違うようで、この日は太一と周防さんのカップリングw
別の日には、たいあらが手を繋いでいるように見えたり、千早が新の着物の裾を引っ張っているように見えたりする配置になっていたそうです。(ま、燃料には事欠かない感じですネ www)

3_a-cube_1.jpg



a-cubeの中に入るとスノー丸がお目見え。触ると意外とモフモフしています。7月にはイベントのため台湾(!)にも出張したという働き者です。

4_a-cube_2.jpg



スノー丸の横には関連グッズが販売されています。
チームちはやふるTシャツは、元々ボランティアの方のスタッフ用だったのが、好評のため商品化されたそうです。今年のスタッフTシャツも「大盛」とか「きみはA級の人?」とかピンポイントで突いてくる素晴らしい出来栄えですので、来年あたりには販売されているかもしれませんね。

5_a-cube_3.jpg

さらにa-cubeにはファンの方より寄贈された「新くんノート」が置かれていますので、思いの丈を存分に語りたい方は是非こちらへ(笑)。



●スノー丸どら焼き

スノー丸どら焼きを販売されている甘党本陣嵯峨さんの店内。末次先生の図案と焼きゴテなどが展示されています。(さりげなく太一が千早を見つめているココロニクイ感じのディスプレイ)

お店の名刺には百人一首が書かれていて、歌が一枚一枚違うという凝りようです。
あわらでしか食べられないという生どら焼きのチーズ味をいただきましたが、素晴らしく美味しかったです。

6_スノー丸どらやき



●原作2巻&アニメの土手ドン

あらたいちはやがすれ違った桜並木と土手。
写真だと分かりづらいのですが、歩いて降りるのも憚られるほど、ものすごく急な傾斜です。
まさに命懸け・・・。千早も新も無傷で本当に良かったね・・・(;^_^A。

7_原作土手ドン_1

8_原作土手ドン_2



●映画土手ドン

映画の桜並木と土手。
こちらは高低差があまりないので、より安全な土手ドンが可能です。

9_映画土手ドン_1

10_映画土手ドン_2


こちらの桜並木では、もう9月下旬だというのに蝉がまだ鳴いていました。
案内してくださった方に福井の桜の開花時期についてお伺いしたところ、原作&アニメにある「4月末に桜が満開」というのはさすがに遅いそうです。千早と新が満開の桜の下で再会を果たしたのは、まさにあわらの奇跡と申せましょう( ˘ω˘ )。



●浦安橋

アニメで千早と太一の乗った特急しらさぎを新が自転車で追いかけるシーンに出てくる橋です。

11_浦安橋_1

12_浦安橋_2

このシーン、何度見ても良いですねぇ・・・って、うっかり原作読み直しルートに嵌るところでした。やっちまったら徹夜コース必至です。危ない危ないw



●映画かささぎタイム(電話)

映画で新が千早からの留守電を聞いた川沿いの場所です。

13_映画電話

新役の真剣佑さんが座っていたのは、右から2番目の石だそうです。
このスポットは商店が立ち並ぶ通りの裏手にあって人通りが少ないので、心おきなくお触りし放題な感じです。(← )



●あわら市文化会館

収容人数が800人ほどのイベント会場です。舞台と客席が近いのでアットホームな雰囲気があります。市街地からは少し距離がありますが、イベント時にはあわら湯のまち駅からシャトルバスが運行されていました。

14_あわら市文化会館

私は25日のファンデイと声優トークショーに参加しました。
ファンデイはアニメと映画のコラボという非常に珍しいスタイルのイベントで、小泉監督初め制作陣による内輪話や瀬戸麻沙美さん(千早役)とKoheiさんによるアニメOPとEDの歌の披露などがありました。残念ながら新役の細谷さんはいらっしゃらなかったのですが、チビ新役の寺崎さんが出演されていました。

どちらのイベントもめちゃめちゃ楽しかったです!
宮野さん初め出演者の皆さんは本当にプロですね。あまりにも笑い転げすぎて腹筋は痛いわ涙は出るわで、完全に化け猫の皮(お化粧)が剥がれ落ちてしまいましたw

(ちなみに管理人の個人的なハイライトは、トークショーでのチビ新×高校生太一の中の人対決です。時空を超えた夢の対決は、まさにダイアモンドの輝き・・・。)



●えちぜん鉄道あわら湯のまち駅周辺

JR芦原温泉駅からは少し離れています。
温泉旅館はこちらの地域に集中しており、近隣には芦湯(無料の足湯施設)、屋台村の湯けむり横丁、かるたの福井大会が開催される清風荘さんなどがあります。
トークショーの帰りには芦湯を利用させていただきました。かなり熱めのお湯(この時は43度)でしばらく入っていると汗が噴き出してきます。

15_清風荘

芦湯ですっきりした後はお隣の湯けむり横丁へ。健全なガード下といった風情で、夕食時間帯でしたがファミリー層、カップル、女性客も多かったです。お店の大将やちょっと一杯引っかけにやって来た地元のおっちゃん達も、皆さん気さくにお話してくださいました(by福井弁)。



●注意喚起

JR芦原温泉駅のホームにはちょっと怖い人がいます。
別に悪さをするわけではないので、顔が怖いだけで実はいい人なのかもしれません。
でも、私のようにうっかり暗がりの中で近づいてビックリされる方がいるといけないので、ご紹介だけしておきますね。

この人です!











16_恐竜博士

恐竜王国福井には恐竜の博士がおられる・・・∑(゜ロ゜)



【おわりに】

今回ちはやふるweekに参加させていただき、「ちはやふる」という作品が持つパワーは、従来のメディアミックスの枠を超えて、町おこしや競技かるたの普及など様々な分野に広がりを見せているのだなぁと改めて感じました。また、自分が今まで知らなかっただけで、作品の舞台を訪れたり、様々な方と交流させていただいたり、イベントに参加したり、攻略感半端ないシール集めをしたり、地元グルメに舌鼓を打ったり、温泉を楽しんだり、お土産を買ったりと、本当に多様な作品の楽しみ方がそこにはありました。

そうした場と幸せな時間を提供してくださったあわら市および関係者の方々に、心からの敬意と感謝を申し上げたいと思います。
そして願わくば、来年以降もちはやふるweekを続けていただけますように・・・。
(来年こそは是非細谷さんのご登壇を心よりお待ちしております!)


最後になってしまいましたが、当ブログを訪問してくださる読者の皆様へ。
いつもお越しいただきどうもありがとうございます。やる気があるんだかないんだかよく分からない適当ブログではありますが、更新のない時期にも一定数のアクセス数があったり、過去記事に遡って拍手をしてくださる方もいらっしゃり、本当に有難いことです。大変励みになります。これからも不定期ながらもボチボチやっていきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


【おまけ(超駄)】 注: 真面目に読んだらあかんやつです(*´-`)。

で、提案なんですけど、あわらの誇る有名人綿谷新くんがいい感じで温泉に入っているところをポスターとかパネルとかレアアイテムにするのはどうっすかね~? (あ、湯上りの夕涼み姿でも可。条例とかに引っかからないよねw?)
松岡茉優ちゃん(詩暢役)の「行くぜ、東北。」ならぬ「行くぜ、あわら。」みたいな感じで。需要はきっとある・・・かもしれないと思うんですが。

いや、まぁ単に私が見たいだけなんですけどね~(^p^)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。