「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

12月« 2016年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クーベルチュール」の感想(ネタバレ含む)

イケメン兄弟が切り盛りするチョコレート専門店、クーベルチュールを舞台に繰り広げられるオムニバス形式の物語。

イケメンとスイーツのコラボというだけで正義(?)ですが、恋の相手は彼らじゃない。魔法のようなチョコレートが結ぶ縁を通して、彼らが寄り添うように優しく見守る人々の、人間模様の描写が素晴らしいです。

クーベルチュールのメンバーは、

一郎さん(兄):ショコラティエ。むっつりロマンチスト。テレサ・テン好き。
次郎さん(弟):接客担当&魔神の営業力の持ち主。笑顔番長、お世辞番長、スタイリッシュな招き猫。

さらに1巻(夏味)からは、元駄菓子店経営の女性、森田さん(65歳)もアルバイト店員として加わりました。

この森田さんのお話が切ないのです。お母さん、お義母さん、旦那さんと家族を次々と亡くし、娘と孫にもなかなか会えない。「繋がっていた糸は一本一本切れていって もう増えることはないのかもしれない」と心が内向きになり、いつの間にか卑屈になってしまっていた森田さん。

でも、インフルエンザで39度の熱を出した次郎さんの代打として勇気を出して接客を頑張り、森田さんの世界は変わりました。

「バカねぇ 世界が違うなんて 私もまた 誰かと繋がれるかしら・・・?」

別世界の人のように思っていたお客さんの一人が昔駄菓子屋さんに来ていた女の子であったことに気付き、新たな繋がりに目を向けるようになった結果、なかなか会えなかった娘や孫がやって来るように。

心が内向きになって悪循環に陥っていた森田さんですが、クーベルチュールのチョコレートが一歩踏み出すのを後押しくれたんですね。素敵です。


それにしても、次郎さん。
インフルエンザで相当苦しそうな様子なのに、接客を渋る森田さんに「大丈夫です 森田さんの割烹着姿は美しい」とな?
さらに秋味で、お客さんに「次郎さんはどーして彼女いるか教えてくれないの?」と聞かれた答えが、「ぼく 皆さんに色々想像してもらうのが好きなんです」とな!?

・・・次郎さん、マジ真性。超絶イケメン力の使い手。

「ちはやふる」の太一もなかなかのものだけど(例えば、健気な女子アピールで電車で座らないという菫ちゃんに対し、菫ちゃんの意図を知ってか知らずか「いいんだよ 花野さんも体調悪いんだから(9巻)」とか。)、次郎さんはまだまだ青さの残る太一のそれを遥かに凌駕し、怪しさ妖しさの中に円熟味すら感じさせ、そこにチョコの芳しさがトッピングされて、心までとろけてしまいそうなほどの甘さが醸し出され・・・(すでに何を言っているか意味不明なので、以下略)。 

でも、一郎さんだって負けてはいない。
2巻(ライム味)では、一郎さんが「いいなあ 恋って」と呟いたところ、お客の女性たち(カップルで来店)がこぞって我こそはと立ち上がったのには笑いました。
(「私も余力あります!」が、特に秀逸。この清々しいまでの肉食っぷりがいいw)

一郎さんは、忙しくチョコ作りに専念していると見せかけて、実はお客さんのことをすご~くよく見ています。飾り気のない真っすぐにストンと落ちてくるような言葉で、優しく背中を押してくれるようなセリフを、さらっとのたまふのです。

「おれのチョコがずっと温かいといいなあって」と言う一郎さん。魔法のようなチョコレートは心の灯火。きっとず~っと温かいままだと思うよ!

*******

2巻では、幼少時からの教育方針の影響で、甘いものに対して強迫観念と言ってもいいほど頑なな態度を取り続ける歯医者さん(塩谷剛さん)とスイーツライター(甘利苺ちゃん)のお話が、個人的にはツボでした(イチゴ味)。

特に、30代半ばの野郎が一人でチョコ食べてお店でいきなり泣くとか、彼女を追いかけてお店を飛び出すとか、もうこの小っ恥ずかしさがたまらない。
「おれと一緒に食べてください イチゴのミルフィユ。おれが毎日でも 歯磨きしますから」ですってよ。く~・・・///!!!!!

剛さんの顔が、眉毛と眼鏡を太くした新の顔なのがまた、萌え萌え感を増幅させる。
それにしても、この顔のキャラ(憲祐さん → 新 → 剛さんの系譜)は、思い立ったら即プロポーズをかますのが仕様なんでしょうか。

・・・はー、めっちゃ楽しいわ~。( *´艸`)ムフ

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。