「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

02月« 2016年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる31巻163首プチ感想

今回はプチ感想。一部ネタバレを含みます。


●雑感

びっくりしました!
三位決定戦では瑞沢が藤岡東に勝つのだろうとは思っていましたが、まさか新が千早に敗れるとは思いもよりませんでした。
新と太一の二人によって、千早が本来の自分を取り戻したのは良かったです。

今回は新の千早に対するかるたを通したラブレターですかね。目の前の自分を見て欲しいと。形は違えど、吉野会大会の太一がそうであったように。
新は恐らく負けるリスクがあると分かっていても、ずっと取り返したかった千早との楽しいかるたの象徴である「せ」の札を、ガリガリに狙って取りに行った。
(兄ちゃん、めっちゃ恋してますね!ヒュ~ヒュ~♪)

これって将来ドキュメンタリー番組とかで、ナレーターが「綿谷新永世名人が、その生涯でただ一度だけ、勝負よりも、リーダーとしての責務よりも、その時の己の心が欲するものを優先させた、ただ一度の戦いだった」みたいなことを言うやつなんだろうか。それに対して、新は反省はしても後悔はないという感じ・・・?

でもね~、このエピソードだけを部分的に切り取ると新好きとしては大変美味しいのですが、ストーリー的には北央に敗れてメモを取ってと指示した時のような、部長としての新が見たかったです。
また、三人がチームちはやふるに戻ってくるベクトルが、それぞれに(特に新が)異なっているかのように見えるのも気になるところです。

「新からもらったもの(情熱)が広がっていく」帰結として、千早が瑞沢の仲間にたどり着くことは理解できますが、新だって千早と太一からもらったものがあってチームを作ったはずで、それを返す団体戦の舞台でこのエピソードが消費されたことに対して、何かよく分からん感じがするなぁというのが今の段階では正直なところです。

試合後に何らかの動きがあることに期待したいですね。


【結論(?)】
村尾さん、お願いだから解説はもっと早くから頼むよ~。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。