「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

04月« 2016年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる32巻166首プチ感想

今回はプチ感想。一部ネタバレを含みます。


●雑感

良かった、藤岡東の管野先生はちゃんと「先生」だった!
団体戦は後悔ばかりと悔いる新に対し、新の目指すべき道は「名人」であると明確に示してくれました。団体戦はもう終わってしまったけれど、これから実行可能な方法で新がチーム藤岡東に貢献できる術があると。

は~、さすがは大学選手権で優勝経験のあるA級選手です(18巻参照)。
(うっかり設定を忘れかけていましたがwww)

アホが。おまえの応援とか 配車アプリより役に立たんわ!

うむ、至言である。ぜひ名言botとかにも入れていただきたいです。


さて、今回の新と管野先生の会話を踏まえると、三位決定戦の千早vs新の試合は、キャプテンシーの差が勝敗を分けたというのがファイナルアンサーでいいんでしょうか。あの千早の強さは何だったのか、新のチーム作りとは何だったのか、さらに千早の闇落ちの意味とは・・・などなど、個人戦突入の段階に至ってもよく分からない部分が多すぎて、消化不良な感じが残るなぁというのが正直なところです。

でも、新は太一が残した「次は試合で」を思い浮かべて、団体戦でのホロ苦さをそのまま抱えて個人として戦うことに軸足を移したようですね。一方、千早は見失っていた(?)かるたの道が目の前に見えるようになったようですが・・・、う~ん、やっぱり私にはイマイチ話の繋がりがよく分かりませぬ(苦笑)。記憶喪失とか言ってないで、もう少し千早の目線での掘り下げが欲しいところです。

(ダ・ビンチの作者インタビューで言うところの、「三人が並走」できるように筋を変更した影響なんでしょうかね・・・。ボソッ)

これらが今後どこかで補足されるのを期待しつつも、今はただこのモヤモヤ感を脇に置いて、千早、新、詩暢ちゃんの三つ巴となった個人戦を楽しみたいと思います。
新君がホロ苦さを丸っと抱えて頑張るというのなら私も頑張るし(← )、何といっても新が千早に敗れたと聞いて妖気を発する詩暢ちゃんから目が離せない!

詩暢ちゃんの妖気の根源は、恐らくはこのあたり↓でしょうか。

・新に対するある種の信頼感/連帯感
・新に勝利するのは自分だとの強烈な自負
・改めて千早をライバルだと認めた

・・・誰が勝つのか全く予想もつかない、もうカオスな状態です。
さぁ混戦を制するのは誰だ?


【おまけ】
びらぶ次号の予告に「読後爽快!!!」って書いてあるお。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。