「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

07月« 2016年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる33巻170首プチ感想

雑感(=雑な感想)です。一部ネタバレを含みます。


●雑感

①読者サービス万歳

うぉっー! 新ファン待望のサービスカット!! ありがとうございます!!!
「大丈夫だった?」と聞かれて、わざわざ眼鏡をオフしてから優しく微笑むとか、やっぱりこのヒト天然タラシ・・・www

あと、詩暢ちゃんに「チームになんの意味があるんや」と問われて、必殺質問返しな新君もいいですね!
・・・えっと、そこは答えたくないのね? でもできれば早めに教えてくれると嬉しいなぁ。


②B、C、D級個人戦決勝

各階級の決勝カードが出揃いましたね!

B級決勝は2組による戦いで、一方は机君vsヒョロ君。どちらも勝たせてあげたいけれど、勝者は一人だけ。北央かるた会のA級への昇格基準が分かりませんが、ヒョロ君は以前B級準優勝を果たしており、かつ、今回準優勝以上が確定しているということで、もしかしてすでに昇格基準を満たしているのでしょうか?

机君は一人で何やらラブ方面に盛り上がっている様子。そして、奏ちゃんへの告白を煽った肉まん君はそれを分かっている感じですね(机君を見て何か思うところのありそうな肉まん君のコマが挿入されています)。肉まん君が奏ちゃんにどの程度本気だったかは不明ですが、机君の背中を押してあげる肉まん君はやはり男前です。
机君の試合結果がどうであれ、「そんなに叩いたら机君が痛いです・・・」以来の奏ちゃんの神対応を激しく希望ですw

B級決勝のもう一組では、松林弟の滉くんがまだ頑張っています。
理沙ちゃんのD級4位入賞と合わせて、藤岡東にも下の子たちに残るものがあると嬉しいなと思います。

C、D級の奏ちゃんと菫ちゃんは本当に変わりましたね。
そっかー、着物もマスカラも戦闘服なのかー。
かつてはやや自分の理想を押し通そうとしがちなところもあった奏ちゃんですが、他者を尊重することを学んだ彼女は今や本作最強かもしれません。ボインだし。)
戦う大和撫子。素敵です。


③情熱の源泉

重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、今回個人的に非常に気になったのは、「ちは」札(=千早)が情熱の源泉とされたことです。

瑞沢かるた部が千早の勧誘ポスターから始まったことは間違いありませんが、それは新からもらったものが広がっていった結果であって、情熱の「源泉」は新であったはず。

私は「ちは」札は千早が新から「受け取った」情熱であり、千早を起点として「広がっていく」情熱の象徴のようなものとして理解していたのですが、物語の再構築が行われた結果、もしかしてこの辺りも改変されたのでしょうか。

すべてはあの1枚から始まったという「起点」と、湧き出る情熱の源である「源泉」。この二つは似て非なるものです。
私が勝手に言葉尻をとらえて捏ね繰り回しているだけなら良いのですが。

【追記】
それとも、もしかして情熱の源泉が移ったというところに意味があるのかも?


④「あの部屋」との別れ

いつもどおりや いつもどおりのあの部屋にいる でも さよならが近いだけや

すっかり取り払われたカーテンや箪笥や段ボール、そして開け放たれたドア。
新の他には誰もいない、あとは新が出ていくだけとなった「あの部屋」。
背景に散りばめられているのは桜でも紅葉でもなく、水が凍ったかのような角ばった何か。そして、不安そうな千早の表情・・・。

う~ん、新の中ではすでに何らかの結論が出ているように見受けられますが、それは一体何なのか。読者としても期待と不安が交錯する情景ですねえ。

新の心の拠り所でもあり、千早との楽しいかるたの象徴でもあったあの部屋との別れは本当に本当に寂しいですが、それでも待ちに待った新のかるたの掘り下げがようやく始まってくれて大変嬉しいです。

名人になるために、じいちゃんのかるたから脱却して新自身のかるたを模索するという超重要課題が積み残しのままですし(23巻は3年前・・・)、今後カルターとして次なるステージに向かってくれるものと期待しています。


【おまけ】
もしかして33巻は新の単独表紙かな!?
そうだったら嬉しいな~。いや、きっとそうに違いない!(((o(*゚▽゚*)o)))


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。