「ちはやふる」あれこれ

「ちはやふる」ほか、好きな漫画、アニメなど。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる30巻156首感想(桜沢先生と猪熊さん)

今回は、ばらばらとした雑感、および、桜沢先生と猪熊さんの関係について考えてみました。ネタバレを含みます。

【11/20お詫び: 11/19-20に本記事を読んでくださった読者様へ】
雑感を加筆修正しました。また、後半部分にライバル関係についての考察を長々と記載していましたが、内容的にこれを語るのは時期尚早だと判断し、半分程度を削除しました。折角読んでくださったのに、本当に申し訳ありません。どうぞご理解いただけますよう、よろしくお願いします。



●雑感

菫ちゃん、団体戦初勝利おめでとう!
筑波君、1コマだけだったけど、後輩(田丸さん)を見守る線目がすごく男前だったよ!

登場初期には「めんどくせー」キャラだった2年生2人が、こんなに見事な成長を遂げてくれて嬉しいです。
(あと、筑波君は秋田美人の盗撮を今年はやめたと思いたいw)

1年生も奮起していて、来年、再来年とずっと続いていく瑞沢高校かるた部が、現実のものとなりつつあるようですね。特に波田君は、自分を信じているだけではなく、仲間を信じて自分の勝負に集中している様子です。「団体戦は個人戦」ですものね。初出場にしてこの境地に達しているとは、頼もしい限りです。

予選時に試合経験を積ませるために後輩2人を投入しているということは、チームの勝利のためには、残りの3人が必ず勝ち星を上げなければなりません。A級の千早と肉まん君で勝ち星2つとして、残り1つを担当するかなちゃんと筑波君は、プレッシャーのかかる負けられない試合をよく勝ち切ってくれたと思います。かなちゃんと筑波君はまだC級だったはず。決して余裕のある試合ではなかったのではないかと思います。特に筑波君は色々と厳しかった予選を経て、一皮むけた感がありますね。

あと、上記でサラッと書いてしまいましたが、いつの間にか肉まん君を安心して勝ち星の予測数に加えるようになっている自分に気が付いて、ちょっと嬉しい驚きです。昨年はあっさり負けてしまったことも何回かありましたが、今の肉まん君なら簡単に諦めずに粘ってくれるはずとの信頼感があり、実際に作中でも信頼されているのでしょう。この肉まん君の成長が、「リスクを負って後輩を育てる」作戦を可能にしたといっても過言ではないのではないかと思います。また、B級の机君は、偵察部隊として別の土俵で勝負の矢面に立っています。きっとあのノートがまた瑞沢に勝利をもたらしてくれるはず。

最後に忘れてはいけないのが、千早の成長です。今回の自信を失っている田丸さんに対する観察力と、適切な声掛け内容およびタイミングは素晴らしかったです。結果、田丸さんは見事に復活しましたね。千早は元々観察眼に優れたところを時折発揮していましたが(昨年、偵察の机君を勝負の矢面に立っているから疲れているはずと試合から外したりとか)、一方で一つのことに集中すると周りが見えなくなることも多かった。それが今やデキる上司のようです。

さらに、千早のすごいところは、聞き手の心を掴み、高揚するような言葉を、自分の嘘偽りない言葉として発しているところです。予選の時に机君が「これくらいの褒め言葉ウソでも言える 言ってほしい言葉をくれる人間に人は簡単に操作されるよ そんな簡単な人間にはなるな」と田丸さんに言っていましたが、現在の田丸さんならば、「ウソのつけない人」である千早の言葉は素直に信じられるものなのでしょう。

皆の今までの努力の積み重ねが、形として目に見えるようになったようで感慨深いものがありますね。田丸さんもまだまだこれからなんだから、焦らずに頑張れ!
(決勝トーナメント開始前に、先輩たちの後姿をちょっと女の子走りで追いかける田丸さんがカワイイです。)


一方、藤岡東は「舜と滉はそろそろA級になってもおかしくない実力や」くらいしか、チームの戦力情報が明らかにされていませんが、こちらも見事に決勝トーナメント進出を決めてくれました。いつもギャグ調の舜と滉ですが、(新は当然勝つとして)勝ち星2つを絶対に落とせない状況で、毎回勝利する彼らの精神力には脱帽です。というか、あんまり重く考えてなさそうなところがいいですね、この2人。
北央戦でも是非頑張って欲しいです。
(北央の戦力を考えると、オーダー的にかなり厳しい戦いとなりそう・・・。ヒョロ君に舜か滉のいずれかが当たるようにするのであれば、藤岡東の勝率は上がりますが、ストーリー的にもヒョロっとカード的にも多分ヒョロ君には新ですよね。舜も滉もお願いだから本当に頼むよ!)

さて、トーナメント表によると、もし瑞沢vs藤岡東が実現するとしたら決勝戦ですね。決勝トーナメント初戦の千早と新が座っている位置が、斜めに向き合う形(それぞれの対戦相手は序歌の吹き出しで隠されている)なのが、また憎い演出ですねぇ。あともう少しで二人が正面から向き合えるかもしれないかと思うと、とてもワクワクします。


・・・ところで、藤岡東のTシャツ、黒系じゃないんですね(涙)。
私、新が黒系のシャツを着ていることが多いのは、なかなか新に会えなくて寂しい想いをしている吉岡先生と新ファンに対する、末次先生からのありがたいお心遣いだと思っていたのですが、実は違ったんでしょうか・・・?
黒Tだと「あの若くて細い体」のラインが強調されてムニャムニャ・・・。

セクハラおやじかっ!とセルフつっこみが入ったところで、いきなりですが
本日の一句(?)。

     村尾さん どこ行ったんや 村尾さん・・・



●強敵と書いて「とも」と呼ぶ?

猪熊さん、出産おめでとう!
いつもはクールビューティの桜沢先生の感極まった様子の涙も感動的でした。

えっと、感動的ではあるのですが、若干の違和感が。
・・・うん、この桜沢先生の状況は絵に描いたようなあれですね。
「仕事で産院に付き添えないパパが妻の無事の出産を聞いて喜ぶ」の図、です。

なかなか進まないお産にヤキモキし、神社で神頼みをしつつ、仕事に手がつかないまま、なお祈るような気持ちでソファーで待ち、生まれたと連絡をもらって、立ち上がってキラキラする。

その姿はまるで赤ちゃんの父親、若しくは祖父母のようで、長年のライバルや親友という関係を超えた、猪熊さんに対する家族的な愛情を感じました。4回も挑戦したのに一度も勝てなかったけれど、それでも桜沢先生は猪熊さんが大好きなんですね。
これから結婚するという桜沢先生。なにやら他にも事情がありそうな雰囲気を感じますが、ご家族になられる方とお幸せに!

他方、赤ちゃんに「翠」と名づけた猪熊さんも、きっと桜沢先生に対して同じ気持ちを持っているのだと感じました。

長年しのぎを削ってきた間柄、ここに至るまでは様々な葛藤があったものと推察しますが、紆余曲折を経てお互いを家族のように思いやれる関係にまで辿り着いたということでしょうか。桜沢先生と猪熊さんの関係には、これから恐らく生涯のライバルとなるであろう、千早と詩暢ちゃん、および新と太一の将来的な関係性について、示唆するものを含んでいるように思います。


【結論(?)】
もし野郎同士で盛り上がるなら、ウラでやってください。

関連記事
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。